スポンサードリンク

金婚式

金婚式とは


結婚記念日のひとつである金婚式。

金婚式は夫婦が結婚50年目の節目を祝って行う式です。

お互いに50年という長い歳月を添い遂げてきた幸せと、二人の歴史をかみしめ、金色のごとく輝いた夫婦の結婚生活を祝うというものです。

もうすぐ結婚50周年を迎えるご夫婦が身近にいるので金婚式のお祝いをしてあげたいという方もいらっしゃると思います。

せっかくですから印象に残るような心温まる金婚式にしてあげたいものです。

金婚式

結婚記念日


結婚記念日とは結婚式を行った日を記念日扱いした日のことです。

結婚1周年から20周年、そのあとは5年単位で75周年の記念日まで定められています。

25周年の銀婚式から5年毎に設定されているのは一般に宝石で知られているものですが、それ以前のものには様々なバリエーションがあります。

1周年から始まる初めの頃は廉価で物質的には柔らかいもの、日常的な物から始まって、年が進む毎に徐々に高価で硬い貴重品へと変わっていく傾向です。

この結婚記念日の中でも特に25周年の銀婚式や、50周年の金婚式は大きな節目とされ、盛大に祝われる事が多いとされています。

金婚式

金婚式の祝辞(挨拶)


金婚式のお祝いに呼ばれたら祝辞の挨拶を求められる事もあると思います。

金婚式という結婚50周年を迎えるまでには、様々な出来事があった事でしょう。

祝辞を考えるにあたっては夫婦の仲睦まじさを中心に組み立てるのが良いと思われます。

まずは金婚式を迎えた夫婦に対してのお祝いの言葉をのべ、お祝いの席に招かれたことへの感謝をのべます。

そして、ご主人や奥様との様々なエピソードを織り込みながら、最後にこれからも続く記念日も無事に迎えられるようにと祈って結ぶのがよいのではないでしょうか。

金婚式

金婚式のお祝い 相場


一般的な結婚記念日の場合、5千円から1万円が相場ですが、50周年の節目である金婚式のお祝いは、通常2万円から3万円程度が相場とされているようです。

その際表書きは「祝金婚式」「御祝」「金婚式御祝」「寿」などで、水引は紅白の蝶結びで熨斗をつけます。

また、逆に、招いた方が来ていただいた方にお返しとして贈る引き出物のかけ紙の表書きは「寿」、その下に夫婦の連名とし、水引は蝶結びとします。

招待していない人からお祝いを頂いてしまった時には「内祝」や「寿」の表書きで、2週間後くらいまでに贈るようにしましょう。

金婚式

金婚式の贈り物 (プレゼント)


金婚式の贈り物 (プレゼント)について・・・。

金婚式は結婚50周年の節目の記念日です。

金婚式を迎えるご夫婦にお祝いの会を開いてあげる方も多いと思います。

でも、せっかくですから記念となるプレゼントや贈り物もしてあげたいものです。

金婚式というと一般的には金製品を贈る風習です。

しかし、必ずしも金製品でなくてはならないわけではありません。

50周年ということですから年齢的には70歳代以上のご夫婦がほとんどでしょう。

やはり定番は花束や旅行などが多いようですが、何を贈るかよりも相手のことを考えて選んだ、ということが大切だと思います。

  1 2  次の5件>>



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。